デジタルオーディオの独立実験基板シリーズ、24bit 192kHz デジタルオーディオ用DAコンバータ独立実験基板「DAC_1792_B」を販売開始いたしました。

24bit 192kHz デジタルオーディオ用DAコンバータ
PCM1792(T.I.) × DAコンバータ独立実験基板「DAC_1792_B」
Digital Audio Independent Experiments Board

dac1792dac1792sch






バーブラウン(T.I,)の高性能DAコンバータIC「PCM1792DB」の周辺を独立基板化にしました。他の独立実験基板同様、デジタルオーディオの部分的機能を独立基板化にすることにより、デジタルーディオの仕組みを切り分けて理解できるため学習しやすく、DAコンバータの実験にも最適です。
実用として、自作デジタルオーディオ機器を作る際の製作負担を下げらますので、自作オーディオのエキスパートの方にも大変便利です!

主な仕様は、サンプリング周波数は10kHz~200kHz(192kHz対応)に、オーディオデータビットは16 / 20 / 24bitに対応しています。ハードウェアモード、ソフトウェアモード両対応で、ハードウェアモードの場合データビット24bit、I2Sフォーマットがデフォルトで設定されております。その他のフォーマットについてはソフトウェアモードで設定が可能です。また、内部に様々な設定用レジスタを持っていますので、マイコンで制御することで音量制御などが行え、機能がアップします。
端子の入力系は5Vトレラントデジタル入力になっていますので、電源電圧5V系の信号を直接接続できます。

【ご注意】
ハードウェアモードでは設定用レジスタを変更できないため、機能
が制限されます。
本基板単体ではオーディオDACとして使用できません。周辺回路
および、その他の独立実験基板を組み合わせる必要がございます。


メインIC:PCM1792DB
pcm1792pcm1792_pin






メインICはバーブラウン(T.I.)のデジタルオーディオ用DAコンバータ「PCM1792DB」。
24bit 192kHz、低ひずみ、電流出力の高性能DAコンバータです。
Blog記事のオーディオ用DAコンバータ[BurrBrown編]も参照ください。
PCM1792DB DATASHEET

オーディオ用コンデンサ
1792_ufw






コンデンサはニチコンのオーディオ用電解コンデンサを採用しております。

各種ジャンパ・コネクタ
dac1792pin













JP1B(MSEL):SPIバスモード / I2Cバスモード選択
jp1b1jp1b2






DAC_1792_Bをマイコンで制御(ソフトウェアモード)する場合、SPIバス経由で制御するか、I2Cバス経由で制御するかをジャンパで選択できます。
DAC_1792_BのJP1B(MSEL)をジャンパソケットでショートすると、SPIバス制御モードに、オープンにするとI2C制御モードになります。各制御モードによって③CN3Bのピンアサインが変化します。
(詳細は③CN3Bの項目にて)


CN1B / CN2B:オーディオシリアル信号入力端子
cn1_2cn1_2_pin






オーディオシリアル信号を入力します。CN1BとCN2Bのピンアサインは同じですので、どちらを使用してもOKです。


CN3B:マイコン用接続端子
cn3






マイコンで制御(ソフトウェアモード)をする場合CN3Bにマイコンを接続します。
①JP1B
で設定した制御モードによりピンアサインが変化します。
cn3_spicn3_i2c



CN4B:ゼロフラグ入出力端子
cn4cn4_pin






ゼロフラグ入出力用端子で、L / R独立しています。


CN5B / CN6B:Lチャンネル電流出力
cn5_6cn5_6_pin






Lチャンネルの出力。電流出力です。

CN7B / CN8B:Rチャンネル電流出力
cn7_8cn7_8_pin






Rチャンネルの出力。電流出力です。

CN9B / CN10B:電源入力
cn9_10cn9_10pin






アナログ系5Vとデジタル系3.3Vの電源を接続します。

CN11B:リセット端子
cn11cn11_pin






Lレベルにすると外部からリセットをかけられます。

TP_B:リセット端子
tp






チェック用グラウンド端子です。



他の独立実験基板を組み合わせた応用例(一例)
1792ouyou1







例えばDAC_1792_Bを用いて、上図のような応用例を各種独立実験基板等を組み合わせることにより高性能オーディオDACを手軽に実現できます。

光 / 同軸インターフェイスキット「DHI-DX」
dhi-dx






CD等のデジタルオーディオ再生機器から出力されるS/PDIF信号(光または同軸)を受け、デジタルオーディオインターフェイスの入力に使用します。.


デジタルオーディオインターフェイス(レシーバ)独立実験基板「DIR9001_A」
dir9001a






S/PDIFからオーディオシリアルデータ信号と他の信号を分離して取り出しDAコンバータへ送ります。


・DAコンバータ独立実験基板「DAC_1792_B」(本キット)
dac1792






デジタルデータをアナログ信号に変換し出力(電流出力)します。


・平衡-平衡反転アンプ基板「OPAMP_B」(※要部品の追加/変更)
opamp_bopampb1792






DAコンバータのアナログ出力(電流)を電圧に変換します。
※部品の追加 / 変更することで、電流-電圧(IV)変換部として応用できます。
※追加 / 変更部品に関してはDAC_1792_Bの説明書に記載しております。

・平衡-不平衡変換アンプ基板(ゲイン1倍タイプ)「BALUN_2134
balun2134






OPAMP_Bの平衡出力(バランス)を不平衡(アンバランス)に変換します。

その他応用は様々です。応用例はDAC_1792_Bの説明書に記載しておりますのでご覧ください。

【DAC_1792_B主な仕様】
メインIC:PCM1792DB
サンプリング周波数:10kHz~200kHz(192kHz対応)
オーディオデータビット:16 / 20 / 24bit(デフォルト24bit)
データフォーマット:右寄せ / 左寄せ / I2S(デフォルトI2S)
出力:電流出力(差動)
電源電圧:3.3V(デジタル) / 5V(アナログ)
基板サイズ:56×33mm
キット説明書

販売価格:¥4,526-

ブランド:デジット/degit
デジット
製品名:24bit 192kHz DAコンバータ独立実験基板
型番:DAC_1792_B
カテゴリ:デジタルオーディオ
販売価格:¥4,526-

この製品をご購入の際は下記バナーよりご購入頂けます。
共立エレショップ
製品マニュアル/製品のBLOG
製品概要
低ひずみの高性能デジタルオーディオ用DAコンバータ「PCM1792DB」の周辺を独立基板化。デジタルオーディオの仕組みを切り分けて理解できるため学習しやすく、DAコンバータの実験にも最適。

【製品仕様】

●サンプリング周波数は10kHz~200kHz(192kHz対応)に、オーディオデータビットは16/20/24bitに対応
●内部に様々な設定用レジスタを持っていますので、マイコンで制御することで音量制御などが行え、機能がアップ
●メインIC:PCM1792DB
●サンプリング周波数:10kHz~200kHz(192kHz対応)
●オーディオデータビット:16 / 20 / 24bit(デフォルト24bit)
●データフォーマット:右寄せ/左寄せ/I2S(デフォルトI2S)
●出力:電流出力(差動)
●電源電圧:3.3V(デジタル) / 5V(アナログ)
●基板サイズ:約56×33mm
【ご注意】
ハードウェアモードでは設定用レジスタを変更できないため、機能が制限されます。
本基板単体ではオーディオDACとして使用できません。周辺回路および、その他の独立実験基板を組み合わせる必要がございます。

ページ上に戻る




デジットコンテンツ

AVR関連 AVR オーディオ関連 デジタルアンプ ハイエンド・ステレオヘッドホンアンプ オーディオインターフェース

デジット公式Blog

デジットBlog

ものづくり工作室



周辺マップ

デジット周辺マップ

所在地・連絡先・営業日

デジット

お問い合わせはお気軽に
〒556-0005
大阪市浪速区日本橋4-6-7
TEL:(06)6644-4555
FAX:(06)6644-1744
営業時間:11:00~20:00
定休日:なし
年末年始休業
駐車場:なし
(※周辺パーキング施設をご利用ください)

[休業カレンダー]

赤字が休業日

店舗へのアクセスと駐車場

広域マップをご利用はこちら
電車でお越しの場合はこちら
高速道路でお越しの場合はこちら

周辺パーキング案内

個人通販・ネットショッピング

電子パーツ・キットなどの通信販売なら

共立エレショップ

店舗案内(大阪日本橋)

日本最大級の電子パーツ専門店

シリコンハウス

開発部門

共立電子産業オリジナルブランド

共立プロダクツ事業所