24bitデジタルオーディオ・コーデックの試作実験用基板の組み立てキット「CODEC_3060_C」をご紹介いたします。

CODEC_3060_C
codec3060c_sch







T.I.社の「PCM3060」を、最小パーツと設定、接続用コネクタを実装できるようにした実験・学習向け変換モジュール基板で、デジタルオーディオ関連の実験・学習や、自作デジタルオーディオ機器の製作負担軽減、その他の独立実験基板を組み合わせること により自作デジタルオーディオ機器を手軽に製作できます。

この、「CODEC_3060C」の基板1枚でADコンバータとDAコンバータの両機能を兼ね備え、しかもADコンバータとDAコンバータが独立して動作します。

動作設定は、ジャンパで設定を行うハードウェアモードとマイコン等を使ってSPIバスまたはI2Cバス経由で設定を行うソフトウェアモードの2通りで行えます。

メインIC 「PCM3060PW」

pcm3060pcm3060_pin






メインICは、24bit 非同期ステレオ・オーディオコーデックの「PCM3060PW」。
24bitのADコンバータとDAコンバータが1チップに収まっており、AD部とDA部は独立して動作します。「PCM3060」は、Blu-rayレコーダ等のような、異なるサンプリングレートによるオーディオ信号の録音・再生ができるようにと開発された非同期オーディオコーデックです。
PCM3060PWの詳細ついてはDATASHEETをご覧ください。

「CODEC_3060_C」では、メインIC「PCM3060」をあらかじめ基板に実装済みですので、初めての方でもやさしく組み立てられます。

【CODEC_3060_Cの主な仕様】
・対応フォーマット:24bit左寄せ / 24bit I2S / 24bit右寄せ / 16bit右寄せ
・ジャンパによるハードウェアモードとマイコンによるソフトウェアモード
・サンプリング周波数:ADC部16~96kHz、DAC部16~192kHz
・ADC部とDAC部は独立して動作
・電源電圧:3.3V・5V
・基板サイズ:約51×33mm
キット説明書

販売価格:¥2,757-



製作例:アナログアップサンプリングコンバータ
デジタルオーディオコーデック独立実験基板「CODEC_3060_C」とデジタルオーディオ独立実験基板シリーズを組み合わせた製作例として「アナログアップサンプリングコンバータ」をご紹介いたします。

アナログアップサンプリングコンバータ・ブロック図
( ↓クリックするとPDFでご覧いただけます。)
codec3060c_block












アナログアップサンプリングコンバータは、CD等の音源ソースからのアナログLINE出力を、192kHzにアップサンプリングされたアナログ信号をLINE出力します。

》》》使用するデジタルオーディオ用独立実験基板一覧《《《


入力ローパスフィルタ「INLPF_3060_B」
inlpf3060b「CODEC_3060_C」のADコンバータの入力部に接続する入力ローパスフィルタの組み立てキットで、ゲイン:0.5倍、カットオフ周波数:48kHz(96kHzサンプリング用)です。





オーディオコーデック「CODEC_3060_C」
codec3060c「INLPF_3060_B」を通ったアナログ信号をADコンバータ部でデジタル信号に変換し、サンプルレートコンバータ「SRC4192_A」にI2Sで送り、今度は192kHzにアップサンプリングされたデジタル信号をDAコンバータ部に入力し、アナログ信号(バランス / 平衡)へ変換します。今回、動作設定はジャンパによるハードウェアモードで行います。



サンプルレートコンバータ「SRC_4192_A」
src4192aオー ディオシリアル信号のサンプリング周波数を16倍までの整数倍に上げる「アップサンプリング」、1/16までの整数分の1に下げる「ダウンサンプリング」 して出力できるサンプリングレートコンバータ。今回はサンプリング周波数を192kHzにアップサンプリングします。




PLLマルチクロック「CLK_1707_D」
clk1707d高精度水晶発振器とオーディオ用マルチクロックジェネレータ「PLL1707」を使って低ジッタのシステムクロックを作り出し、「CODEC_3060_C」と「SRC4192_A」に低ジッタのシステムクロック供給します。





平衡入力ローパスフィルタ「LPF_C」
lpfc「CODEC_3060_C」のDAコンバータの出力部に接続する平衡(バランス)入力ローパスフィルタの組み立てキットで、ゲイン:0.75倍、カットオフ周波数:54kHzです。
「CODEC_3060_C」から出力されたアナログ信号を不平衡(アンバランス)に変換してオーディオアンプ等の再生モジュールに入力できます。



アナログアップサンプリングコンバータ作例を展示中!
上記でご紹介した「CODEC_3060_B」を使用した作例を実際に製作して、デジット店頭で展示いたしておりますので、ぜひデジット店頭へご来店ください!
3060sakurei














デジタルオーディオ用独立実験基板を使用した作例
block_haifuその他、デジタルオーディオ用独立実験基板を使用した作例のブロック図をデジット店頭にて配布いたしておりますので、デジタルオーディオ用独立実験基板を使ったデジタルオーディオ機器の製作の参考にしてください。




IC単体「PCM3060PW」も販売中!
pcm306024bit 非同期ステレオ・オーディオ・コーデックIC「PCM3060PW」をIC単体でも販売いたしております。販売価格:¥1,234-




ブランド:デジット/degit
デジット
製品名:デジタルオーディオコーデック独立実験基板
型番:CODEC_3060_C
カテゴリ:デジタルオーディオ
販売価格:¥2,634-

この製品をご購入の際は下記バナーよりご購入頂けます。
共立エレショップ
製品マニュアル/製品のBLOG
製品概要
T.I.社の「PCM3060PW」及び、その周辺最小パーツと設定・接続用コネクタを実装した実験・学習向け変換モジュール基板。メインICとなる「24bit非同期ステレオ・オーディオコーデック PCM3060PW」は、Blue-rayレコーダ等のような、異なるサンプリングレートによるオーディオ信号の録音・再生ができるようにと開発されており、24bitのADコンバータとDAコンバータを1チップに収納。AD部とDA部は独立して動作します。ジャンパ設定で行うハードウェアモードと、I2Cバス経由で設定を行うソフトウェアモードの2通りによる動作設定が可能。

【製品仕様】

●対応フォーマット:24bit左寄せ/24bit I2S/24bit右寄せ/16bit右寄せ
●ジャンパによるハードウェアモードとマイコンによるソフトウェアモード
●サンプリング周波数:AD部 16~96kHz、DAC部 16~192kHz
●ADC部とDAC部は独立して動作
●電源基板:3.3V、5V
●基板サイズ:約51×33mm
●メインIC:T.I.社 PCM3060PW
●製作例:アナログアップサンプリングコンバータ・ブロック図/pdf

ページ上に戻る




デジットコンテンツ

AVR関連 AVR オーディオ関連 デジタルアンプ ハイエンド・ステレオヘッドホンアンプ オーディオインターフェース

デジット公式Blog

デジットBlog

ものづくり工作室



周辺マップ

デジット周辺マップ

所在地・連絡先・営業日

デジット

お問い合わせはお気軽に
〒556-0005
大阪市浪速区日本橋4-6-7
TEL:(06)6644-4555
FAX:(06)6644-1744
営業時間:11:00~20:00
定休日:なし
年末年始休業
駐車場:なし
(※周辺パーキング施設をご利用ください)

[休業カレンダー]

赤字が休業日

店舗へのアクセスと駐車場

広域マップをご利用はこちら
電車でお越しの場合はこちら
高速道路でお越しの場合はこちら

周辺パーキング案内

個人通販・ネットショッピング

電子パーツ・キットなどの通信販売なら

共立エレショップ

店舗案内(大阪日本橋)

日本最大級の電子パーツ専門店

シリコンハウス

開発部門

共立電子産業オリジナルブランド

共立プロダクツ事業所